バナー紹介

バナーの由来

松戸が現在の「まつど」の音に近い「まつさと」という言葉で文献に現れてくるのは、治安元年(1021年)に作られた更級日記が最初です。

松戸か太日川(ふとひがわ)-江戸川-に沿った武蔵国、常陸国、下総国の国府へ通ずる重要な交通路の位置にあって「馬津郷」(うまつさと)とか「松里」(まつさと)といわれていたのが、いつか「まつど」となったという説があります。

松戸は江戸川と共に古い歴史の年輪をきざみながら現在に至っておりますが、戦後急激な人口の増加が進み、住宅団地、工業団地が造成され、平成16年には、人口が約48万人余りの松戸市に成長いたしました。

わが松戸ロータリークラブのバナーは、昭和55年11月14日の創立25周年を迎えた際に、当時の会員で、永瀬武雄、鈴木卯之助両会員に依嘱し、新調されたものです。

江戸川の流れを主体とし、松戸市の花「つつじ」を配し作成され、江戸川の青は清純つつじの白は潔白、赤は情熱を表しております。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]